「二日酔いがとにかくひどいな。今日は。」

「気持ち悪いし、頭痛いし、なんかわかんないけどその他ももろもろ具合悪い」

 

二日酔いには、頭痛や吐き気の他にも様々な症状が出る時があります。

 

ココでは、二日酔いがひどい時の対策をまとめました。

 

二日酔いがひどい時の対策

対策その1 水分補給

二日酔いの様々な症状に共通して言える対策は

 

「水分補給」

 

です。

 

二日酔いは、アセトアルデヒドが原因であることがほとんどであると言われています。

 

お酒は体内に入ると肝臓で分解され、アセトアルデヒドという成分に変化します。

このアセトアルデヒドは、全身にまわって神経細胞に影響を与えてしまいます。

よって頭痛や全身のだるさを引き起こす原因であるといわれています。

 

とにかく、体内のアセトアルデヒドを薄める、または体から早く抜くことが大事になりますので、ちょっと辛くても行っていった方が良いと思います。

 

 

 

 

対策その2 専門の薬を飲む

ひどい二日酔いへの対策として、まずは水分補給をして楽になるのを待つのが最善ですが、全然よくならない方もいらっしゃると思います。

 

その場合は…

専門の薬を飲む事を強くおすすめ致します。

我慢したために症状が悪化してしまう可能性もあります。

 

お時間が取れない方は、ドラックストアなどで売っている専門の薬を飲んで様子を見るのが良いでしょう。

現在は、二日酔いによる頭痛を緩和するお薬もあります。

また普段、お酒を飲む機会が多い方は、二日酔いによる吐き気を改善する薬を常備しておいた方が得策でしょう。

 

 

対策その3 時間がある場合は病院の診察を受ける

対策として、ご自身にお時間があったら、もしくはいつもと様子が違いとても症状がひどい場合は、病院の内科や消化器内科で医師の受診を受けることをおすすめします。

 

病院では、点滴の治療が行われるのが主体となっております。

体内で高くなっているアルコール濃度を低め、結果、総合的に二日酔いの症状が改善する可能性が高いからです。

 

自分の判断よりも、病院の医師の方が正しい診断をしてくださいます。

 

まずは、病院での受信をおすすめします。

 

二日酔いがひどい時の対策まとめ

二日酔いがひどい場合は…

  • 対策その1 水分補給
  • 対策その2 専門の薬を飲む
  • 対策その3 時間がある場合は病院の診察を受ける

のように対策をしていくのが望ましいです。

 

 

 

ただ、できればこんなにひどくなる前に予防対策が出来れば良いですよね!!

 

※症状がでる前に事前に二日酔いの予防をしたい方はコチラをご覧ください!

⇒二日酔いを予防する方法はずばりコレ!!