二日酔いで頭痛いな。気持ち悪いし…

おまけに動悸もすごくする…

 

そんなあなた。

 

二日酔いで動悸がする原因と対策をしらべました。

 

二日酔いで動悸がする原因

二日酔いで動悸がする原因は、アセトアルデヒドなんです。

頭痛と同じです。

 

お酒は体内に入ると肝臓で分解され、アセトアルデヒドという成分に変化します。

「アセトアルデヒド」は有害物質であるため、さらに酢酸へと分解され、最終的に水と二酸化炭素になって体外へと排出されるわけですが…

 

大量の飲酒により、「アセトアルデヒド」は体内で分解しきれなくなり、体内に残ってしまいます。

 

この「アセトアルデヒド」は、全身にまわって神経細胞に影響を与えてしまいます。

 

あと、飲みすぎの症状の際は、人間の体は、低血糖や脱水状態になっています。

 

このことも動悸が起こる原因とされています。

 

二日酔いで動悸がするときの対策

対策その1 病院での処置

二日酔いによる動悸に関しても基本は同じです。

 

まず、ご自身にお時間があったら、病院の内科や消化器内科で医師の受診を受けることをおすすめします。

 

病院での点滴の治療により、体内で高くなっているアルコール濃度を低め、結果、総合的に二日酔いの症状が改善する可能性が高いからです。

 

自分の判断よりも、病院の医師の方が正しい診断をしてくださいます。

 

まずは、病院での受信をおすすめします。

 

対策その2 水分補給

二日酔いで動悸がするのに病院に行く暇もないし、薬もない…

 

なんて方!

 

まずは、水分を補給しましょう!

 

もし可能なら、スポーツドリンクや経口補水液を補給するとより良いでしょう。

 

とにかく、体内のアセトアルデヒドを薄める、または体から早く抜くことが大事になります。

それに脱水状態を脱することもできます。

ちょっと辛くても行っていった方が良いと思います。

 

ただ正直、吐き気やムカムカの症状を伴っている人も多いと思いますので、胃液が逆流を起こさないように飲みすぎには十分に注意してください。

 

 

二日酔いで動悸がする場合の原因と対策 まとめ

二日酔いで動悸がする場合の原因は、体内で分解しきれなかった「アセドアルデヒド」が全身にまわって神経細胞に影響を与えてしまうからです。

 

二日酔いで動悸がする場合の対策は

  • 対策その1 病院での処置
  • 対策その2 水分補給

という対応が望ましいです。

我慢して様子を見るだけではなく、冷静に対応することをおすすめ致します。

 

 

しかしながら、二日酔いの動悸が事前に予防できればうれしいですよね!!

そんなあなたにはこちら

⇒二日酔いを予防する方法はずばりコレ!!