「二日酔いで体調悪いな…おまけに今日は腰痛もひどいよぉ(´;ω;`)」

 

原因はなんでしょうか?

 

対策も含めてまとめました。

二日酔いで腰痛がある場合の原因

二日酔いで腰痛がある場合の原因ですが…

 

膵臓に異常があることが原因かもしれません。

 

痛みが腰だけではなく、背中の痛みや肩の痛みとして感じることがあれば、要注意です。

 

腰痛だけでなく、腹部、特にみぞおち部分が痛い場合は、

 

「膵炎」

 

である可能性があります。

 

腰痛の原因ですが、アルコールにより、ある臓器に異常がおきたため。その臓器の位置が、胃の裏側で胃と背骨に挟まれたような体の深い位置にあるため、臓器による痛みが周りの神経を刺激して腹部の激痛を起こし、さらに腰や背中まで痛みを感じてしまう事によるものです。

 

いわゆる「腰や背中に抜けるような放散される痛さ」です。

 

二日酔いで腰痛がある場合の対策

病院での処置、もしくは専門の薬を飲む

二日酔いによる腰痛がある場合は、いつもと様子が違う場合が多い様です。

 

対策ですが、まず病院の内科や消化器内科で医師の受診を受けることをおすすめします。

 

大病である可能性が否定できない状況です。

 

もし、膵炎であっても、軽度の急性膵炎であれば、早急に治療し回復します。

 

他の原因も考えられますが、まずは病院に行って診察をお受けになられることを強くおすすめ致します。

 

 

 

しかしながら、病気になる前に二日酔いを予防できればうれしいですよね!!

そんなあなたにはこちら

⇒二日酔いを予防する方法はずばりコレ!!