「二日酔いで調子悪いな。あと今日は手も震えるし…」

 

原因は何でしょうか?

 

対策も含め調べてみました。

 

二日酔いで震えがある場合の原因

二日酔いで震えがある場合の原因ですが

 

「アルコール依存症」

 

である可能性があります。

 

お酒をよく飲む人のほとんどは、自分がアルコール依存状態にあるとは思っていないはずです。

ところが、アルコール依存症の疑いがある人は、450万人近くもいて、しかも毎年のように増加していることを知っていますか?

 

「アルコール依存症」とは、アルコールが切れると禁断症状が出てしまうアレです。

 

アルコールが強い人は、肝臓でアルコールが分解されるときに発生する有害物質アセトアルデヒドの処理能力が高いと言えますが…

 

そのこととアルコールが脳やからだに与える影響とは、まったく別のものになります。

 

もう一度言いますが、二日酔いで震えがある場合の原因は、

「アルコール依存症」

である可能性もあります。

 

二日酔いで震えがある場合の対策

病院での処置、もしくは精神保健福祉センターや保健所に相談

二日酔いで震えがある場合の対策としてまずは、病院での処置が大切になると思います。

「アルコール依存症」ではない可能性もありますが、一度はっきりさせたほうが良いでしょう。

今は専門の医療機関がありますが、わからなければ、それぞれの地域にある精神保健福祉センターや保健所に相談してみましょう。

 

本人はもちろんですが、家族などのまわりの人がこうした初期段階での変化に気づき、適切な対応(断酒、早期受診)ができれば、アルコール依存症の予防につながります。