「頭痛い」

「気持ち悪い」

良いことが全くない二日酔いですが、この二日酔いになる原因は何でしょうか?

考えていきます。

 

二日酔いの原因は、肝臓が「アセトアルデヒド」を分解しきれないから

二日酔いの原因は、肝臓が「アセトアルデヒド」を分解しきれないからなのです。

 

お酒は体内に入ると肝臓で分解され、「アセトアルデヒド」という成分に変化します。

 

「アセトアルデヒド」は有害物質であるため、さらに酢酸へと分解され、最終的に水と二酸化炭素になって体外へと排出されるわけですが…

 

大量の飲酒により、「アセトアルデヒド」は体内で分解しきれなくなり、体内に残ってしまいます。

 

「アセトアルデヒド」の毒性が原因で、胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛など、二日酔い特有の症状が現れてしまうのです。

 

二日酔いになる原因 まとめ

二日酔いの原因は、肝臓が「アセトアルデヒド」を分解しきれないからであることが分かりました。

 

逆にいえば、「アセトアルデヒド」が分解されやすくなれば、二日酔いになりにくくなるとも言えます。

⇒二日酔いを予防する方法はずばりコレ!!