「二日酔いになってしまった…」

「今日の仕事乗り切れるか心配…どうしよう」

前の日に飲みすぎて、こんなことを考えている人!

考えているだけではよくならないので、二日酔いを直しましょう。

直し方をいくつかご提案します。

 

 

二日酔いの辛い吐き気の直し方は?

二日酔いになったときに一番つらいのは吐き気ですよね。

何とかして直したい!!

と思ったあなたに、二日酔いの辛い吐き気を直す方法を教えます。

 

直し方その1 病院で処置してもらう

二日酔いの辛い吐き気を直す方法で一番は、病院で処置してもらう事です。

 

割と二日酔いで病院に行ったことがある人は少ないのではないでしょうか?

 

しかし、病院で内科か消化器内科を受診すれば適切に処置してもらえ、一発で改善できる可能性は高いのです。

 

具体的に、病院では「点滴」による治療が一般的です。

足りなくなった水分や糖分を点滴で補充することにより、症状が改善します。

 

なお、現在は病院によっては「カクテル点滴」という二日酔い専用の点滴もあり、水分や糖分の補充のほかに、アルコールの分解を促進したり、血中アルコール濃度の低下を促す効果があるものもあります。

 

病院によっては、二日酔い専用の外来があるところもあり、最善のケアが期待できます。

 

やっぱり病院は一番だと思います!!

 

時間がある場合、またはとても症状がひどい場合は、病院を受診することをおすすめ致します。

 

直し方その2 専門の薬を飲む

「二日酔いで吐き気ひどいけど、病院にまで言っている暇ないよぉ」

という方は多いと思います。

 

そんな方には、専門の薬を飲む事をおおすすめします。

 

原因は、胃食道逆流症(逆流性食道炎)の可能性と考え、症状を抑える薬を飲んで様子を見たほうが良いでしょう。

 

普段、お酒を飲む機会が多い方は、二日酔いによる吐き気を改善する薬を常備しておいた方が得策でしょう。

二日酔いによる頭痛の直し方は?

二日酔いによるきつい頭痛…その原因とはなんでしょうか?

何とかしたい!!

と思ったあなたに、二日酔いのきつい頭痛を直す方法を教えます。

 

直し方その1 病院での処置、もしくは専門の薬を飲む

二日酔いによるきつい頭痛に関しても基本は同じです。

 

まず、ご自身にお時間があったら、病院の内科や消化器内科で医師の受診を受けることをおすすめします。

 

病院での点滴の治療により、体内で高くなっているアルコール濃度を低め、結果、総合的に二日酔いの症状が改善する可能性が高いからです。

 

自分の判断よりも、病院の医師の方が正しい診断をしてくださいます。

 

まずは、病院での受信をおすすめします。

 

しかし、お時間が取れない方もいらっしゃると思いますので、その場合は、ドラックストアなどで売っている専門の薬を飲んで様子を見るのが良いでしょう。

 

直し方その2 水分補給

二日酔いによるきつい頭痛で頭が痛いのに病院に行く暇もないし、薬もない…

 

なんて方!

 

まずは、水分を補給しましょう!

 

もし可能なら、スポーツドリンクや経口補水液を補給するとより良いでしょう。

 

とにかく、体内のアセトアルデヒドを薄める、または体から早く抜くことが大事になりますので、ちょっと辛くても行っていった方が良いと思います。

 

ただ正直、吐き気やムカムカの症状を伴っている人も多いと思いますので、胃液が逆流を起こさないように飲みすぎには十分に注意してください。

 

 

 

しかしながら、二日酔いのしんどい頭痛や吐き気が事前に予防できればうれしいですよね!!

そんなあなたにはこちら

⇒二日酔いを予防する方法はずばりコレ!!