「二日酔いになりたくない!!」

誰しもがそう思いますが、事前対策は日常から見直さないといけませんよ!!

お酒を飲む前の行動がとても重要なんです!!

その行動とは?

二日酔い 薬ではない事前対策とは?

二日酔いになると、吐き気やムカムカ、頭痛など耐え難い症状が続きます。

仕事や大事な用事に差し支えることにもなり良いことはありません。

 

二日酔いになってしまったら、病院に行くか専門の薬を飲むのが最善です。

 

しかし!!

 

二日酔いにならないに越したことはありません。

 

二日酔いを防止するにはどうしたらよいのでしょうか?

考えていきましょう!!

 

二日酔い 薬ではない事前対策その1 お酒を飲む前や飲んでいるときに食べるものを見直す

まず、お酒が体内に入ると、肝臓で「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。

「アセトアルデヒド」は有害物質であるため、さらに酢酸へと分解され、最終的に水と二酸化炭素になって体外へと排出されるわけですが…

 

体内で分解しきれなかった「アセトアルデヒド」が原因で、二日酔いの辛い症状が出てしまうのです。

 

という事は、肝機能を高めて、体内で「アセトアルデヒド」が順調に分解できれば、二日酔いになりにくくなると言えます。

 

日頃食べている食べ物の中で、肝機能を高めるものや、アルコールの分解を助けてくれるものがあります。

 

具体的にお酒を飲む前や飲んでいるときに

何を食べたらよいかご紹介します。

 

カキやハマグリ、アサリ、シジミなどの魚介類

カキやハマグリ、アサリ、シジミなどの魚介類には、

「タウリン」

が豊富に含まれています。

「タウリン」は、肝臓で胆汁酸の分泌を促す働きや、アルコールを分解して体外への排出を促す解毒作用をもっています。

これらの魚介類が入った汁ものとかを飲んでいる時に食すれば、肝機能が高まりますので、二日酔い予防になる要素が一つ減る可能性はあると思います。

 

梅干し

梅干しには、肝臓の働きを助けるピクリン酸や解毒作用をもつクエン酸が含まれています。

飲む前なんかにお手軽に摂取できますので予防におすすめです。

 

乳製品

牛乳、チーズなどに含まれる乳製品に含まれているタンパク質が、肝機能を活性化させてくれます。

これも、飲む前にお手軽に摂取できますね♪

 

上記の食材の他にも肝機能を高めてくれる食材はたくさんありますが…

 

正直、タイミングよく摂取するのが難しい時もありますね。

 

そんな時は…

 

二日酔い 薬ではない事前対策その2 肝機能を高めてくれるサプリを常備しておく

二日酔い 薬ではない事前対策として食べ物で補うのは、飲む場所や時間によって環境が違いますので、100%防止対策が取れません!

 

したがって、二日酔い 薬ではない事前対策として現実的なのは、肝機能を高めてくれるサプリを常備しておくのが得策です。

 

肝機能を高めてくれるサプリはたくさんあります。

筆者である私も色々なサプリを試しましたが、今常備しているのは一つだけです。

 

ココでは、現在私が愛用しているサプリをご紹介します。

 

「肝パワーEプラス」というサプリメントです。

私の場合ですが、飲み会の前にこれを一袋(3粒)飲む事で

二日酔いとサヨナラできました!

 

「肝パワーEプラス」は、

一袋に3粒入っていてこれが1日分になります。

 

通常は、2箱(30袋詰め 約1か月分)での販売となっています。

 

しかし今なら、5袋(5日分)のお試しセットが

毎月、先着1,000名様限定で販売中です。


 

是非この機会にお手に取ってお試しください!

※お試しセットキャンペーンですが、予告なく終了する可能性があります。